冬に楽しむサーフィン!寒さに負けないための準備と注意点とは?

冬に楽しむサーフィン!寒さに負けないための準備と注意点とは?

CATEGORY: マメ知識

冬場にサーフィンを楽しもう!

サーフィンは夏だけのもの・・・いえいえそんなことはありません。サーフィン上達のためには、メインシーズンである夏だけでなく、寒い冬も行うことが大事。車に乗って、冬の海に出かけましょう!

ですが、冬の海は、夏の海とは違うもの。寒さに負けないために、しっかりと準備をしていくことが大切です。注意点を押さえて冬のサーフィンを心から楽しんでみませんか?

手足の防寒はしっかりと!

厚めのウェットスーツはもちろんのこと、手足の防寒もお忘れなく。冬場は海水の温度が下がっていますので、グローブやブーツを装着して手足の冷えを防ぎましょう。手足が冷えてしまっては、サーフィン中だけでなく帰りのドライビングにも影響があります。

帰り道のドライビングでも、寒い時は手袋をして、冷えた手をガードしてあげると良いでしょう。特に体が冷えやすい女性は体の芯から冷やしてしまうことを避けるために、グローブ、ヘッドキャップ、ブーツも準備しておくことをオススメします。

また、冷えた体が温まるようなグッズを車に積んでおくと、より安心です。ふんわりあたたかいブランケットや、あたたか素材のシートカバーは帰りのドライブで大活躍するでしょう。

保温カバー付きのポリタンクで、いつでも温水を

保温カバーの付いたポリタンクを車に積んで、温水を持ち運びましょう。サーフポイントにはシャワーがないケースが多いので、お湯は自分で用意しておくと安心です。その際に、お湯が冷めないようにポリタンクに保温カバーをつけておくと良いです。さらに保温カバーの上からブランケットなどを巻いておくのもオススメ。

これで、サーフィン後にあたたかいお湯を浴びることができます。海から上がった後に、自分の体を洗い流すために使う他、サーフボードを洗うためにも使えて便利です。

ポンチョで着替え!

ウェットスーツに着替えるとき、そしてウェットスーツを脱ぐときに、あると便利なのがポンチョです。冬場の冷たい空気に肌をさらさなくていいので、冬場は特に持っておきたいアイテムの一つですね。

バスタオルやブランケットでも良いのですが、専用のポンチョがあると冬場は特に良いでしょう。服に着替えなくても、ポンチョを着た状態で休むこともできます。冬場の海は女性が少なく、着替えのときに不要な視線を集めてしまわないためにもポンチョはオススメです。

盗難対策をお忘れなく

夏場の車の多いシーズンだけでなく、冬場も車上荒らしには気を付けてくださいね。なるべくひと目があって、自分の入るサーフィンポイントから見える場所に車を置きましょう。

盗難が気になってサーフィンに集中できないとサーフィンを心から楽しめないですよね。キーなどの貴重品は専用の電動ロックがありますので、そこに入れて番号でセキュリティキーをつけておくのが良いでしょう。最近の車は電動のキーが多いですから、海に持って入ることはできません。また、海の中でなくしたら大変なことになります。盗難対策を念入りにしてから海に入るようにしましょう!

長距離ドライブで暖かい海へ

長距離ドライブで暖かい海へ

冬のサーフィンを楽しむために、ぜひ水の温かい地域へ足を運んでみてはいかがでしょうか。女性は体が冷えやすいので、温かい地域までドライブを兼ねて出かけるのもいいでしょう。

長距離ドライブになるかもしれませんが、例えば、千葉の南房総や湘南辺りがオススメ。特に千葉の南房総の辺りは水が温かく、同じ千葉とは思えないほど、水温の違いがあります。毎年いろんな海に出かけてお気に入りのスポットを見つけるのも楽しいですね!

とはいえ、長距離の運転は疲れやすいもの。シートクッションネッククッションなどを上手く使って少しでもリラックスできる空間をつくると。快適なドライブになるでしょう。

長時間の運転は集中力もなくなり危険ですから、こまめに休憩をとるのも忘れないでくださいね。疲れた時はあたたかいブランケットをかけて仮眠をとるなどして、無理のない運転を心がけましょう。

防寒対策をしっかりして、冬のサーフィンを楽しもう!

寒い時期のサーフィンは、夏場と違って水も冷たくつらいこともありますが、冬にもトレーニングを重ねることで、夏場の上達に差がつきます。たくさん出かけて、夏には周囲を驚かせましょう!

また、冬場のサーフィンは、サーフィン中はもちろん、終わった後の車内の防寒も大切です。事前の準備をしっかり行ない、冬でも安心してサーフィンをお楽しみください。

前のページに戻る前のページに戻る

LOGIN
  • 新規会員登録